タクシー業界の衰退が始まる!?今後の未来はどうなるか!?

日本にタクシーが生まれて、実に100年が経ちました。続いてきたビジネスモデルを通して、私たち東京・日本交通グループはお客様に愛されてきました。しかし、現在、IT化が進み、既存のビジネスモデルでは社会の変化に遅れをとってしまいます。そこで、タクシー業界の老舗である老舗タクシー会社「日本交通」を元とした、「JapanTaxi(ジャパンタクシー)」が名乗りを上げました。それは、タクシー業界のIT化を推進していこうというものです。そこで、CMO金高恩(Kim Goeun)さんのお話を元に、現在のタクシー業界の状況やこれからの未来などについて説明していきます。

未来のタクシーは衰退する!?一体、なぜ?

そもそも、1977年にJapanTaxiは「日交計算センター」として前進を始めました。「日交計算センター」は、日本交通の給与システムを開発する会社です。タクシーの仕事の給料は歩合制となっていますが、一人一人の乗務員の給与計算には、違いがあり、その状態は一貫されたものではなく、複雑なものでした。このようなもの含めた周りのタクシーのシステム開発の支援は、自社に向けたものでした。時と共に、社外に向けるとようになっていきましたが、タクシー会社の中には、小さなタクシー会社としては弊社からのシステム提供を受けない独自のシステム開発は、非常に困難なものでした。ですので、弊社のシステムを活用するタクシー会社はたくさんありました。これをキッカケとして、タクシー会社のネットワークも広がり、今のタクシーのあり方に影響を与えています。
そして、「日交データサービス」と社名を変え、その後にJapanTaxiになっています。
変化に変化を加えた後、2015年に、金さんはJapanTaxiに入社しています。

この頃は、スマホなどのデジタルが急速に普及し、生活そのものが変化を迎えてきました。
このITの変化に対応するべく、タクシー業界もデジタルシフトをする必要性を感じ、
それに合わせて、IT業界の人材もタクシー業界へと集まるようになってきました。

タクシー業界は、100年間の間、同じビジネスモデルを貫き通してきましたが、社会のIT化に伴い、この変化についていかなければ、タクシー業界も衰退を受け止めなければならない危機が迫っていました。この気持ちを一番に感じていたのは、
弊社代表の「川鍋一朗」さんでした。JapanTaxiが誕生した理由は、このIT化の急速な変化にタクシー業界も対応していく!変化させていく!という
考えから生まれた会社でありました。そこで、

アプリを活用をした攻めるタクシー業界として活性化を図りました。
それに合わせるかのように、金さんはIT会社に務めていましたが、
転職を試みる運びとしたのです。

始めは、もともとのタクシー業界の常識の壁にぶつかり、乗務員やスタッフなどと上手くいかない関係が続きましたが、その常識を変革させようという気持ちから、みんなで議論しながら、歩み寄って、信頼を勝ち取って良い結果を

招くことができたようです。ですので、今までのビジネスモデルでは、
タクシー業界も衰退をしていく運命でしたが、今回の新たな前進があれば、
衰退の危機をまぬがれていく光は見えてきそうです。

主力アプリ「JapanTaxi」が未来を作る!

現代のIT化に伴い、まずはアプリ開発を1つの基軸としてスタートさせました。今、主力アプリである「JapanTaxi」は現在時点で550万ダウンロードされています。これを導入しているのがあの「日本交通」です。アプリからの配車率は、7割ほどで、この数を見ても成果を生んでいることが分かります。今回、アプリ使用提供の目的は、「タクシーに乗りたいお客様と、乗せたい乗務員のマッチング」でありました。今までのタクシーとお客様の関係性は、お客様がタクシーを利用したい場合は、自らがタクシーを探すか、電話をすることでした。乗務員からしてみれば、お客様をどこかで待っているか、あるいは、探すという行動を
しなければなりませんでした。

互いが頑張ることによって、マッチングしなければならない状態だったのです。
しかし、この状態を変革するため、まず、スマホの位置情報システム機能を
活用することで、乗務員とお客様が無駄な行動を省くことができるアプリを開発したのです。
このアプリを使うと、例えば同じ街に行く目的のお客様同士で、タクシーの相乗りも可能になったのです。「JapanTaxi」は、乗車場所を指定するだけで、タクシーを呼ぶことができるアプリなのです。現在は、日本最大級のタクシー配車アプリとなっています。さらに、
ネット決済・予約機能・料金検索といったお客様に有益なサービスも提供しています。

そして、日本人だけでなく、外国人へのサービスとしても英語・中国語・韓国語などにも
対応しているアプリとなっています。実は、この配車サービスアプリは、海外が真っ先に取り入れていましたが、「JapanTaxi」は真似をすることなく、日本らしい配車サービスを提供しています。「日本らしさ」を外国人へ感じてもらいたいという気持ちもIT化の枠組みに入っています。

でわ、その「日本人らしさ」とは一体なんでしょうか?日本のタクシーでは、お客様がクレジットカードを出しますが、これは、外国では危険行為とみなされています。また、お客様がタクシーから降りるときには、タイミングを見て、ドアを開けます。

これも日本独自のタクシーサービスとなっています。これらの行為を見ると、日本人の「信用・信頼関係」があるからこそです。ですので、いくらIT化が進んでも、この日本人らしさだけは、魅力の1つとなっています。

タクシー業界のIT化で交通革命が始まる!

そもそも、タクシーのIT化、つまりアプリシステムの浸透は、簡単ではありませんでした。
イメージしていただくと分かりますが、タクシー業界は年齢層が高いのが特徴です。ですので、デジタル化がなかなか進まない状況が続きました。

今までのタクシー会社のスタッフとJapanTaxiにIT業界から加わったスタッフの間には、距離感がありましたが、さまざまな創意工夫をしながら、お互い分かりあえるまでの関係性を気づいていきました。しかし、これからのタクシー業界のあり方が、IT化となったことはありがたいことですが、まだまだスタートを切ったばかりです。

今後の普及に期待していきたいところです。そして、自動運転も気になるところですが、
今、この自動運転が広がっていくと、さまざまな情報があります。

真っ先に、タクシー業界から自動運転が始まるという見方の人もいます。しかし、なくなる職業トップ10には、タクシー業界の名前が入っているので、なんとも言えない状況ではあります。自動運転が普及すれば、確かに、運転の注意点や走行ルートを考える必要がなくなります。

しかし、お客様がいることには変わりはなく、その他のサービス提供を考えることができます、と金さんは話しています。

例えば、夜にお酒を飲むサラリーマンの人たちがいたとして、帰り道にタクシーに乗ります。ですが、その途中にコンビニに寄る人多いはずです。この行動から、ヒントを得ることで、わざわざ、コンビニに寄るのではなく、タクシーの車中で、食べ物や飲み物のサービスをするなど、車内コンビニを作ってもいいのでは?と金さんは考えています。また、お客様を乗せる場合、宅配運送のようにモノを乗せることもできます。ですので、車中での買い物であったり、荷物の並び替えなどのサービスを提供をするにあたる人材も必要です。

乗務員ではなく、サービス提供者として必要になってくることも考えられると話しています。

そして、金さんは、この会社に入ることで気づいたことがあるといいます。それは、「自分たちの会社だけが良くなればいいんだ、という考えがあまりなかった」ということでした。

また、「この考え方は川鍋秋蔵氏(日本交通の初代)の時代からの継承である」とも語っています。当時から、タクシー業界を盛り上げる!という強い心があり、それが、今のタクシー業界につながっているので、今後の変化にも対応していく必要があります。そして、この会社は、もちろん営利主義ではあるものの、ただ、目の前の利益にとらわれることなく、
未来の業界の発展が大事だといいます。

会社の理念としては、『移動で人を幸せに』という指針を掲げていますが、これが、そのまま日本の交通の未来をJapanTaxiが背負っていることになるのです。

日本交通の未来は?

今、日本のタクシー・交通業界は、戦後最大の変化を試される転換期にいます。タクシー業界に新しいビジネスモデルをさせなければ、社会の変化についていけなくなってしまいます。

そんな激変動の日本にあたって、日本交通は、『創業90年目のベンチャー』と題し、長年の洗練されたノウハウと持ち前の挑戦の心を燃やして、日本の交通業界を新たな、誕生日を作り、未来への道を開こうと決意しています。

日本交通は、業界No.1の立場として、前進を続け、『ジャパン・ホスピタリティ』を掲げながら、日本交通を発展させてきました。今までは、人材だけで、タクシーや交通関係をまかなうことはできたのかもしれません。

しかし、これからの時代は、「人」「IT」「車」の3つの要素がなければ、今後のタクシー業界、日本交通の存在は厳しいものになってしまうことでしょう。

まず、ITに関しては、アプリの導入です。2015年から、配車アプリである『JapanTaxi』や、車中に搭載しているタブレットアプリの充実化が積極的に始まっています。これらをブラッシュアップさせていきながら、

技術者が乗務員たちの声を常に聞き、乗務員が使うアプリのブラッシュアップをし続け、さらなる、利便性の追求をしています。「車」は、ハードウェアの開発をしており、ドライブレコーダーやタクシーメーターなどの搭載に力を注いでいるところです。

車両にさまざまなハードウェアを搭載させ、アプリとの連動を図ることで、『タクシーの乗車体験(ユーザエクスペリエンス)』をすることも追求しています。
また、乗務員の立場も考えて、接客サービスに集中できる環境づくりもしていくようです。
これらの独自の計画は、自社だけにとどまらず、業界や一般のお客様での積極的な提供もしていくようです。

この転換期の中で、日本交通は、サービス、ソフト、ハードの開発など、全てにおいて、作り上げる企業グループとして新たな産声をあげています。
 (204)

社員の力が、会社の未来を切り開く

長き渡る業界の競争ルールがこの転換期において変わっていきます。
この原因は、白タク合法化問題からその先の自動運転という技術革新です。
現在の日本交通は、状況はピンチではありますが、考え方1つでチャンスにもなります。

今後の業界のリーダーとして、前進させていくのが、この日本交通の役目でもあります。
そんな日本交通の強みはやはり、「社員」です。真面目で優秀な社員が多いことが
魅力でもあります。これは、創業90年の時間の中で、一番大切にしてきた日本交通です。

顧客視点で行動してきた社員がいたからこそ、日本交通があります。
「長期的に利益の絶対額を最大化する」という当社の社是にありますが、
これは、ただの目先の利益や短期的な利益ではなく、

長期的な視点を持って利益拡大をしていくということです。
これを果たすためには、知恵、工夫、努力のポイントが大切になってきます。
常に、お客様の視点に立ち、年齢、職種、経験は問わずに、

仕事のあり方を変化させることで、新たな価値を生み出し、社会に貢献していけます。
これからのIT化という変化にの時期だからこそ、日本交通は、
「社員が常にお客様の視点に立つ」ことを基軸としていきます。

そして、社員の成長こそが、会社の成長実現となっていきます。
この成長の積み重ねできるのが日本交通といえるでしょう。


そして、「人」に関しては、元々のオペレーションを
改善、強化をし、EDS(エキスパート・ドライバー・サービス)を基軸として、
サービスの充実に力を入れていく方針です。