【社員インタビュー】日本交通グループは、教育面においてNo.1だと自負しております。

今回インタビューしたのは、2019年4月に尼崎工都タクシーに入社した森下さん。20年以上営業をされてきた森下さんがタクシー業界に転職きっかけを始めて、普段、仕事をする上で大切にしているこをお聞きしてきました。

前職は何をされていましたか? また、タクシー乗務員になろうと思ったきっかけは何ですか?

前職では外資系のたばこ会社で22年営業をしたのちに、建設業界の営業を経て、タクシー業界へと転職をしました。

タクシードライバーになろうと思ったきっかけは、定年を気にすることなく長く勤められる仕事に就きたいと考えていたからです。
実際に、定年後からタクシードライバーになる方も多いので、60歳を過ぎてからでも働きやすい環境だとは思いますね。

それ以外にも、お客様を乗せて目的地までお送りすることに面白みも感じていたので、心の中では「いつか一度で良いからタクシードライバーをやりたいな」という気持ちは心の中で持っていました。

まさか本当になるとは思っていませんでしたが、今はこの仕事に責任と誇りを持っています。
 (344)

日本交通グループを選んだ理由は何ですか?

日本交通グループに入社を決めたのは、「タクシー業界で最大手だったから」というのが一番の決め手でした。

実は、日本交通グループに入社する前は別のタクシー会社で働いていたことがあったのですが、そこでは乗務員同士の関係もあまり良くなく、実際に入社面接時に提示して頂いた給与と違かったり、その他にも厳しい社内制度があったりと、正直疲弊してしまっていました。

そんな時、私の目に止まったのが日本交通グループのタクシーでした。

実際に日本交通グループに入社してみると、前職のタクシー会社とは大きく違い、研修制度や乗務員の教育面などがとても素晴らしかったです。
給与面に関しても文句なしで、さすが大手のタクシー会社だと思いましたね。


あの時、日本交通グループへ転職をしていなかったらきっともうタクシードライバーは辞めていたかもしれません。

今は、日本交通グループで働けることに感謝しています。
 (343)

ドライバーをやっていてうれしかったことや思い出深いエピソードがあれば教えてください。

タクシードライバーを始めて嬉しかったことですが、私の場合お客様から言って頂く「助かった」という声が何よりもこの仕事を頑張れる原動力です。

タクシーを利用するお客様の中で、特に私が多いと実感するのは、「目的地まで急いでいるお客様」です。
そんなお客様に対して無事に間に合った際にかけて頂く「助かったよ!ありがとう」という言葉は他の何にも変えられないほどの嬉しさを感じます。

その中でも、今でも忘れられない思い出深いエピソードの一つの中に、「人生で初めてタクシーを乗ったお客様」を担当させて頂いた時の話です。

実際に乗車して頂くと開口一番「あの?どうしたら良いんですか?」と言われた時は思わず私もびっくりしてしまいました。
地方から上京してきたばかりで、タクシーに乗ったことがなかったそうなので「行きたい目的地を教えて頂きましたら、私が責任を持って送り届けますよ!」とお話させて頂き、運転中も終始会話も弾み、最後に「運転手さんのおかげでこっちでも頑張れそうです!ありがとうございます」と言ってくださったあの日の出来事は今でも鮮明に覚えていますね。

これからも沢山のお客様と出会い、新たなエピソードが生まれるかもしれませんが、あの日のように誰かのタクシーデビューを、また後押しできたら嬉しいですね。

実際に入社してから、困った事や想像と違ったことがあれば教えてください。

入社してから困ったことは、最初は駅でタクシーを止める際の順番がいまいちわからなかったりしたことですね。
何もタクシー会社は日本交通グループだけではないですから、時には他のタクシー会社のドライバーの方ともコミュニケーションを取って情報交換をしたりすることも大事なことです。

また、想像と違ったことはタクシードライバーになる前は、結構簡単にお客様を拾えるイメージだったのですが、実際に初めてみると最初の頃はなかなか苦労しましたね。
時間帯や曜日によって、どこで拾えるか差が出てきますからある程度リサーチしたり、先輩ドライバーの方からアドバイスをもらったりしたことで徐々に効率よくお客様を乗車することができました。

また、日本交通グループの場合は多くの法人企業と契約させて頂いておりますので、安定してお客様を乗車して頂けることは我々ドライバーからすると、ありがたいの一言ですね。
 (345)

会社の社風を教えてください。

尼崎工都タクシーの社風は、皆で助け合っていく「仲間意識」が非常に強いですね。
アットホームな雰囲気なので、非常に働きやすいですし、ドライバー同士も常日頃から分け隔てなく仲が良いですね。

また、年に何回か乗務員同士での食事会(通称:工和会)を開催したりもして、そこで仕事の話やプライベートの話なんかもしたりします。

尼崎工都タクシーの方はみなさん、優しいですし、人の面倒見が良いので、転職で入社してきたドライバーの方には私たちも全力でサポートします。

プライベートの過ごし方を教えてください。

プライベートに関しては、休みの日は寝ていることが多いですね。
あとは、妻と買い物に出かけたりして、二人の時間を楽しんだりしています。

私はいま隔日勤務で働いているので、体力は結構必要ですが、一気に働いてしまえばその分休みも貰えますから、プライベートを充実させたい人にもおすすめの働き方だと思いますよ。

ここは美味しい!激ウマなランチ店・おすすめのお店を教えてください。

店名:らーめん金虎 JR尼崎駅南口店
メニュー:金虎らーめん
金額:650円

無料でつけられる高菜や辛味もやしもついつい食べ過ぎてしまうほど美味しいので、ぜひ尼崎を訪れた際にはぜひ足を運んでみてください。

これからタクシー業界を目指す方々へのメッセージ

タクシードライバーの仕事はお客様が当たり前にいると思っているほど簡単なものではありません。

ただ、どんなお客様であったとしても常に最高の接客サービスを行うことを心がけることが結果的には売上アップに繋がることもあると私は思います。

タクシードライバーという仕事は、真摯に真面目に仕事に取り組める人には向いている職業です。

また、定年を迎えた方や自分の体を管理して、自立して働ける方も向いているでしょう。

日本交通グループでは、タクシードライバーになる際に必要な二種免許の取得費用も負担してくれますし、教育面においては、どのタクシー会社よりも、No1だと自負しております。

ぜひ、これからタクシー業界への就職を考えている方には自信を持って、我々日本交通グループが一番だと伝えたいです。