2019年新卒が入社し活躍しています。

東京・日本交通株式会社は、毎年新卒社員を採用しています。2016年には5人、2017年には5人、2018年には4名、そして2019年には8人の新卒社員が入社しました。先輩乗務員に混ざり、毎日活躍してくれています。なぜ彼らが当社を就職先に選んだのかを紹介します。そして、東京・日本交通株式会社がどのようなタクシー会社なのかを説明します。

若いエネルギーが必要

当社では、毎年新卒の採用を積極的に行っています。タクシー会社は経験者が有利ではと思われがちですが、当社は新卒の若い世代に大いに期待しています。その理由は、「常識を疑い、新しいものを生み出していく(VENTURE)」という考えの元、常にタクシー業界の未来の事を考えているからです。既存のイメージにとらわれない、新卒だから出来る働き方があります。日本交通グループは業界最大手と言われています。ですが、その地位に甘んじている訳ではないのです。

新卒社員を採用する事は、会社そのものを活性化する為でもあります。新卒の若手乗務員が、ベテラン乗務員の仕事ぶりに影響されるように、ベテラン乗務員もまた新卒ならではのエネルギーに影響されるのです。こうして、お互いがお互いを刺激しあう事でより良い会社を目指す事が出来るのです。

新卒が活躍出来る会社

 (71)

新卒でタクシー会社を希望する人の中には、様々な不安を感じている人もいるでしょう。ですが、丁寧な研修によりあらゆる不安を解消しています。運転経験が少ない人には、専用のカリキュラムを用意しています。運転は自然に上手くなるものなので心配はいりません。また、全車両にカーナビを搭載していますので、複雑な道も迷わず運転する事が出来ます。研修や勉強会もありますので、道路について、また売り上げに繋がる地域の情報を知る事が出来ます。また、タクシー乗務員というと休みを取るのが難しいイメージがあるかもしれませんが、出勤は週3回で明休みもありますので、友人同士で旅行に行く事が可能です。

そして、新卒の不安はすぐに稼いでいけるのかどうかという事だと思います。確かに、タクシー乗務員の給与はお客様の乗車回数で決まります。当社では研修制度やサポート体制を充実させているので、新卒でも月収40万円以上稼ぐ事が出来ます。日本交通グループのモットーは、「いい会社とは、従業員が定年まで働ける会社」です。会社にとって、社員が安心して長期間働きやすい環境を作る事が、いい会社を作る上で大切な事だとし、安心して働ける環境を目指しています。新卒でもどんどん新しい事に挑戦して、タクシー業界の変革を目指していただきたいです。

新卒が働きやすい理由

東京・日本交通株式会社は、教育制度はもちろんの事、福利厚生も充実させ、新卒でもすぐに、安心して働ける環境を整えています。目指しているのは、「選ばれるタクシーサービス」です。会社が求めているのは、仲間と協力しながら1つの物事を達成する事が出来る人材です。その為にも、若い世代の挑戦する力を大切にしています。

キャリアパス制度の充実

 (63)

東京・日本交通株式会社ではキャリアパス制度を導入しています。
一般乗務員として、様々な経験を積む事が出来るように本社を始め、各営業所、直系グループの協力の元、計画的なキャリアパスを行っているので、新卒でもチャンスは多いのです。
また、新卒のみを対象とした面談を実施しています。まだまだ人数が少ないため、1人1人と向き合う事ができますので、仕事の状況や将来についての意見を聞いています。ゆくゆくは内勤となり運行管理を担当したい。また、ハイヤーの乗務員となり、今よりもハイグレードな車に乗りたい。更にゆくゆくは役員や社長になりたい。将来の展望を話す事により、仕事へのアドバイスも変わってきます。よりキャリアへ近付くのです。

タクシー部の執行役員、取締役は乗務員経験者ばかりです。乗務員を経験しているからこそ、役員として会社を支える事が出来るのです。新卒でキャリアを目指すのは難しいと感じているなら、そんな心配はいりません。通常の業務をこなしながら、無理なくキャリアアップを目指す事は可能です。

タクシー業界を変えたい

東京・日本交通株式会社は、タクシー業界そのものを変えたいと思っています。時代は刻一刻と変わっていきます。どんどんグローバル化が進み、海外からの観光客も増えて、ますますタクシー業界の需要は増えてきました。タクシー業界も時代の流れに合わせて変わっていく必要があるのです。会社の社訓であるエクセレントカンパニー宣言の1つである「桜にN、圧倒的なNO.1ブランドとして、リーダーシップを発揮します」との言葉にあるように、業界最大手として常に先端を行く必要があります。そして、その為にも新卒のフレッシュなエネルギーが必要なのです。東京・日本交通株式会社が追求するのは、「人にしかできないサービス」です。その為には、「変革」が必要なのです。その為にも、若い社員の挑戦も推奨しています。

お客様の中には、未だにタクシーというと、車内がタバコ臭いとか中年の男性乗務員で無愛想な人が多いというイメージを持っている人もいます。その誤解を解くのは、やはりタクシー乗務員しかいないのです。東京・日本交通株式会社ではお客様への丁寧な接客を心がけています。タクシー乗務員は、運転業と同時に接客業でもあるのです。その為、接客に関する研修を行うなど時代に伴う変化に合わせた知識やスキルの上達に会社全体で取り組んでいます。新卒で知識やスキルに不安を持っている人も多いと思いますが、知識やスキルは入社してからも学ぶ事が出来ます。これまでのタクシー業界へのイメージを変える為にも、若い世代の力が必要です。

女性が働きやすい環境

 (67)

東京・日本交通株式会社では、女性乗務員も多く採用しています。新卒の女性の中には、タクシー業界では女性は不利になると思い諦めている人もいるかと思います。ですが、タクシー業界の中では女性乗務員の需要はとても高いのです。その理由は、やはり女性のお客様は、女性乗務員が接客した方がリラックス出来ますし、お子様の習い事の送迎にタクシーを利用するお客様もいます。女性の柔らかな接客と、きめ細やかな配慮は多くのお客様が必要としています。女性の中には安全面を不安に思っている人もいるかと思います。確かに長距離の移動の間、男性客と車内にいるというのは不安に感じるかもしれません。ですが、車内には防犯用にカメラを設置し、常に車内の様子は記録しています。また、万が一身の危険を感じた時にも緊急通報システムがあるので、すぐに無線センターに危機を知らせる事が出来ます。

また、男性乗務員や社員が多い事に躊躇いを感じている女性も多いと思います。ですが、その心配もいりません。女性専用スペースを完備していますので、リラックスして仕事をする事が出来ます。更に、長期間仕事が出来るような取り組みも行っています。いずれ結婚をしてママとなっても育児休暇を設けていますし、育休明けは簡単な仕事をこなしながら体を慣らしていけば良いのです。在籍している女性社員の中には仕事に対するやりがいを感じている人が多くいます。東京・日本交通株式会社は、女性が安心して働ける環境を整えています。
 (64)