東京・日本交通グループ さくらタクシー株式会社の魅力とは?沿革から会社の強みまで徹底紹介!

さくらタクシー株式会社は1951年に大阪府で開業した歴史あるタクシー会社です。自動車電話やGPSなどの最先端機器をいち早く導入し、タクシー業界全体を常にリードしてきました。2016年には東京・日本交通株式会社のグループ会社となり、さらなる飛躍が期待されています。この記事ではさくらタクシー株式会社の沿革やサービス面の強みについて紹介しています。さくらタクシー株式会社への転職を検討している人はぜひ参考にして下さい。

さくらタクシー株式会社はどのような会社か?

さくらタクシー株式会社は大阪市福島区福島に本社を構えるタクシー会社。本社の他に福島営業所と加島営業所の2営業所が稼働し、従業員は総勢751名です。営業用車両は401台という大規模のタクシー会社なので、大阪市内のニーズにもすぐに対応することができます。大阪は東京に次ぐ大都市なので、毎年多くの外国人観光客が訪れています。さくらタクシー株式会社は全車に多言語通訳サービスを搭載し、通訳対応を早くから充実させてきました。そのため外国人のタクシー利用に関しても積極的に対応しています。大阪市内のタクシー会社の中で、全車に多言語通訳サービスを搭載しているのはさくらタクシー株式会社だけのようです。

さくらタクシー株式会社にはタクシーの他にハイヤーサービスも行っています。ハイヤーはビジネスの場で役員車・社用車として利用するのはもちろんのこと、大阪・京都・神戸周辺を観光旅行で回る時に観光ハイヤーとして利用することも可能です。ハイヤー乗務員は「なにわなんでも検定」のような観光検定を取得していたり、語学堪能な人が担当したりするため、初めて関西方面を旅行する人や外国から来た人も安心して旅行を楽しむことができます。様々なサービスを取りそろえているハイヤーですが、結婚式送迎など単発のスポット利用もできますし、スポット利用の場合は当日予約でも問題ありません。

さくらタクシー株式会社はお客様のニーズに応えるだけでなく、さらにワンランク上のサービスを提供しています。常に時代の状況をみながら、今後需要が高まりそうなサービスを強化しているのがさくらタクシー株式会社の特徴だと言えるでしょう。2011年から専用タクシー乗り場を開設したり、2015年の多言語通訳サービスを全車搭載したりするのは、会社のサービスに対する意識が表れたものです。2016年から業界最大手の東京・日本交通株式会社のグループになり、時代を先取りする姿勢がさらに発展しそうです。

さくらタクシー株式会社の沿革

さくらタクシー株式会社は1951年12月に大阪府で営業を開始しました。大手タクシー会社として常に業界をリードしてきたさくらタクシー株式会社ですが、それは時代に敏感な会社の姿勢に表れています。創業30年後の1985年12月、さくらタクシー株式会社は自動車電話を搭載したタクシーの運用を開始します。当時自動車電話は高価で珍しい機器であり、タクシーに搭載するのは日本初の試みでした。さらに翌年の1986年5月には日本初の自動車用FAXをタクシーに設置。同じ月には滞在中だった天皇陛下の安全確保のために、リーガロイヤルホテルより独占入構を指定されます。さくらタクシー株式会社は、安心・安全なタクシー会社として一流ホテルからも信頼されていたのです。

その後、さくらタクシー株式会社は大阪を訪れるVIPの送迎と、最新機器をいち早く導入するという2つの面で大阪のタクシー業界をリードしていきます。1987年の構築アジア開発銀行大阪総会が開催された時には、47カ国から来たVIP送迎を担当。その時に保有した全車両には自動車電話が搭載していました。1992年にはGPS・地図マッチングを使ったロケーションシステムを運用開始します。90年代初頭はインターネットがまだ世界的に普及していなかった時期です。そのためGPSの導入は日本国内のみならず、世界初の試みでもありました。1995年のAPECではアメリカ代表団の送迎を担当しています。

2000年代もさくらタクシー株式会社の試みは続き、2006年にはデジタル無線とカーナビを連動した配車システムの運用と、ナビ設定番号打ち出しサービスを開始します。2013年にも全車に第4世代無線配車システムを導入して運用開始するなど、最先端システムの導入は随時更新されていきました。2010年からは大阪市のホテル数か所と病院にそれぞれ「さくらタクシー専用乗り場」を開設。専用乗り場は順次増設し、多くの人が気軽にタクシーを利用しやすい場所として好評です。詳細は後述しますが2016年には東京・日本交通株式会社のグループに入りました。業界最大手のグループ傘下に入ることで、さくらタクシー株式会社はこれまでの強みを活かしてさらなる飛躍を遂げそうです。
 (142)

さくらタクシー株式会社は東京・日本交通株式会社のグループ会社

さくらタクシー株式会社は東京・日本交通株式会社のグループ会社です。2016年3月に東京・日本交通株式会社がさくらタクシー株式会社とそのグループ会社の発行株式をすべて取得。両者はグループ会社として業務を行っています。東京・日本交通株式会社は本社が東京都にある業界最大手のタクシー会社。1928年にハイヤー会社として営業を開始。さくらタクシー株式会社を始め日本国内の大手タクシー会社を傘下に入れて業績を伸ばしています。

東京・日本交通株式会社のユニークなところは、タクシー業務のために提携している企業の幅広さです。2015年1月にはスマートフォンの普及に伴い無料音声通話アプリを提供しているLINEと提携し、「LINE TAXI」サービスを開始。同年12月にはYahoo! JAPANともアプリの業務提携を行っています。他にも中国のIT企業アリババグループとも業務提携を行うなど、国内だけにとどまらないフットワークの軽さが魅力です。さくらタクシー株式会社も早くから自動車電話やGPSなどを車内に搭載していましたので、最新情報に敏感なところが両社を結びつけたと言えます。長年培ってきたお互いの強みが、グループ提携をすることでプラスに作用しているようです。

さくらタクシー株式会社は専用乗り場が多い

さくらタクシー株式会社の強みのひとつは専用乗り場が多いこと。2010年から大阪市内のホテルや病院に専用のタクシー乗り場を順次開設しています。専用タクシー乗り場があるのは、ヒルトン大阪やANAクラウンプラザホテル大阪などの有名高級ホテルや、住友病院・関西電力病院などの大病院、大阪市内にある大型商業施設などです。専用乗り場は24時間対応していますので、夜に外出した後も気軽に利用できて安心。専用乗り場ができたことで以前よりタクシーが利用しやすくなった、と感じているお客さまも多くいるようです。

大阪市北区にある複合商業施設のグランフロント大阪は、北館・南館にそれぞれ専用乗り場を開設しています。乗り場がひとつだけに限られていませんので、現在地から近いところで利用することができます。グランフロント大阪のような大規模な施設の場合は特に便利です。他にも高層ビルのフェスティバルタワー・イーストにも専用乗り場を設けています。専用乗り場の稼働率は非常に高く、利用回数はなんと毎日約1200回に達するほど。専用乗り場を開設することでお客様からの信頼度もアップし、さらにタクシーの需要が高まっています。さくらタクシー株式会社はきめ細やかなサービスに定評がありますが、専用乗り場はその良さを最大限に活かせる場所だと言えるでしょう。

さくらタクシー株式会社の全車輌には多言語通訳サービスが搭載されている

日本を訪れる外国人の数は年々増加し、2018年にはとうとう300万人を突破しました。大阪は2025年に大阪万博の開催が決定し、今後はこれまで以上に外国人旅行客の増加が見込まれています。さくらタクシー株式会社はこのような時代の波にいち早く対応する会社として定評があり、2015年から全車両に多言語通訳サービスを開始しました。これは日本語が理解できない外国人の観光客だけでなくビジネス客も対象にしたサービスで、携帯電話を使って乗務員・通訳・乗客が「3者間通話」する仕組みになっています。

対応言語は英語や中国語などニーズの高い言語はもちろんのこと、韓国語・スペイン語・ポルトガル語にも対応しています。サービスの利用時間帯は何と24時間年中無休。そのため観光客はどの時間帯にタクシーを利用しても意思の疎通に困ることはありません。大阪でこの多言語通訳サービスを取り入れたのはさくらタクシー株式会社が初めてでした。これまでも日本初・世界初のシステムを導入してきたさくらタクシー株式会社の持ち味が活かされたと言えます。

さくらタクシー株式会社は、多言語通訳サービスを導入する以前からタブレット型端末のiPadを通して英語・中国語・韓国語を同時通訳するサービスを行っていました。このサービスを行うことで外国人観光客がさらに増加することを予測し、全車両への多言語通訳サービス搭載を決定したのです。2015年の時点でさくらタクシー株式会社の全車両は401台。このすべてに多言語通訳サービスが搭載されているので、大阪を訪れた観光客にとっては強い味方になるでしょう。

多言語通訳サービスの仕組みは、車内に設置されたマイクやスピーカーと連動した携帯電話を使用します。乗客がサービス利用を希望したらタクシー乗務員は通訳へ電話で連絡し、ハンズフリーの状態で三者間通話を行うことができるのです。このサービスで目的地到着までの基本対応はもちろん、行き先変更などイレギュラー対応もスムーズに行えます。他にも領収書が欲しいという乗客の要望もしっかり応えることができますので、タクシー乗務員と乗客とのコミュニケーションの行き違いが防げます。

さくらタクシー株式会社の歴史を振り返ると、これまでも海外VIPの送迎担当など外国人の接客に携わる機会が多いことがわかります。タクシー乗務員は高収入が期待できることが魅力のひとつです。それに加えてさくらタクシー株式会社は語学やきめ細かいサービス対応にも力を入れています。社員が高い意識を持って仕事ができることもさくらタクシー株式会社の強みでしょう。

さくらタクシー株式会社は強みをたくさん持つ老舗タクシー会社

さくらタクシー株式会社は1951年に創業し、それ以来大阪のタクシー業界を常にリードしてきました。日本初の自動車電話の搭載、世界初のGPS機能の導入やタクシー乗り場の設置など、常にお客様の利便性を追求する姿勢によって高い信頼を得ています。社員教育も徹底し、入社後の研修内容も充実した内容です。タクシー乗務員としての就職を考えている人は、ぜひさくらタクシー株式会社も就職先の候補として検討してみましょう。