【社員インタビュー】タクシー乗務員は何歳からでも働けます。小さなありがとうの積み重ねが働く原動力です。

今回インタビューしたのは、2018年11月に東亜オーシャン交通に入社した河田さん。50歳を過ぎて転職をされた河田さんの考えるタクシー乗務員の仕事の魅力とは?日本交通グループを選んだ理由も一緒にお聞きします。

前職は何をされていましたか? また、タクシー乗務員になろうと思ったきっかけは何ですか?

前職では配送関係の仕事や、保険の営業マンとして働いておりました。
当時仕事の転勤で神戸に来たのですが、転勤先の上司となかなかそりが合わずに会社を退職しました。
何も決めずに会社を辞めてはしまいましたが、正直「どうにかなるだろう」くらいにしか当時は思っていなかったですね。

ただ、年齢も年齢だったので、この年から転職というのはさすがにきついなと思っていたところで出会ったのがタクシードライバーという道でした。

元々、配送関係の仕事をしていたこともあって、運転に関してはそれほど苦ではなかったですから「自分に合っているのでは?」と思い転職をしました。

また、タクシードライバーであれば定年以降でも働けるのも大きな魅力でしたね。

今では、昔よりも運転が好きになって、この歳からでも「自分が好きな仕事」に出会えることを実感しました。

毎日のお客様との会話も楽しいですし、小さなありがとうの積み重ねが今の私の働く原動力にもなっています。

日本交通グループを選んだ理由は何ですか?

日本交通グループを選んだ理由としては、タクシー業界では最も大手なことと、私が関東で働いていた時によく日本交通グループのタクシーを利用させて頂いた時の接客サービスが群を抜いて良かったからですね。

前職の仕事でも、よくタクシーを利用させてもらっていたのですが、タクシードライバーの方の気遣いや、社内での居心地の良さは圧倒的に日本交通グループが一番でした。

また、私が転勤で神戸に来た時も、たまたま日本交通グループのタクシーに乗せてもらったことがあり、右も左もわからない私のためにドライバーさんが必死になって目的地まで連れて行ってくださった時は、本当に感謝の想いが溢れました。

そんなこともあり、タクシードライバーへの転職を決意した時は真っ先に日本交通グループを受けようと心に決めておりました。

あの時、私にしてくださった丁寧かつ上質なサービスを早く覚えて私もお客様から「あなたのタクシーに乗って良かった」と言われるように頑張りたいですね。
 (346)

ドライバーをやっていてうれしかったことや思い出深いエピソードがあれば教えてください。

嬉しかったことは、2019年に開催されたラグビー日本W杯に出場されていた南アフリカ代表の選手の方々に乗車して頂いたことですね。

たまたま、大会開催期間中に、私がよく行くホテルのタクシー乗り場にて乗車して頂いたのがきっかけでした。

そこからずっと、試合がない時は彼らをUSJまでお連れしたり、時には「このへんでうまい神戸牛のお店に連れてってほしい!」などもありましたね。
気づけば、「Hey!今日はどこに連れて行ってくれるんだい?」と顔を合わせれば自然と笑顔になっていました。なので、すっかり私は南アフリカ代表を応援していましたね!
日本に勝った時は思わずガッツポーズをしてしまったのも、今に考えてみれば懐かしい思い出です(笑)

その他にも、お客様を乗せて「ありがとう」と感謝される瞬間が一番タクシードライバーをしていて嬉しいことなのかもしれません。これからも、多くの方に感謝されるように頑張っていきたいですね。

実際に入社してから、困った事や想像と違ったことがあれば教えてください。

入社してから困ったことは道がわからなかったことですね。
ただ、先輩方にアドバイスを頂き、徐々に慣れていくことができました。

困ったことで言うと、社内で体調の不良のお客様が嘔吐されて汚れてしまった際などは、一度営業所に戻らなければいけないので、それが大変だなとは感じました。
ただ、近くを走っていた先輩ドライバーの方が応援に駆けつけてくれて、一緒に汚れた箇所を洗っていただいたりと、自分の売上は度外視でお手伝いしてくださった時は、本当に感謝の気持ちしかありませんでした。

まだまだ、大変なことはありますが一つずつ乗り越えていけるようになれればとは常に思っていますね。
 (347)

会社の社風を教えてください。

東亜オーシャン交通の社風ですが、一言で言うと「自由活発」という言葉が一番合いますね。
各々が仕事とプライベートを両立させながら、ストレスフリーで働いています。


時には、社内の仲を深めるためにもBBQイベントを開催したりなどして親睦も深めあっています。

タクシードライバーは常に一人で働くことがほとんどですから、こうしたイベントなどを開くことで定期的に乗務員同士でのコミュニケーションを図れるのは非常に良いと思います。

プライベートの過ごし方を教えてください。

プライベートでは、休みの日はラグビーの試合を見に行ったりしますね。
元々スポーツ観戦は好きだったのですが、先ほどお話させて頂きました、ラグビーW杯の代表選手の方々を乗車させて頂いたことがきっかけでラグビー熱が高まり、今ではすっかりラグビーファンになりました。
中でも、神戸製鋼の試合は友人と一緒に見に行ったりもします。

その他には、コンサートに足を運んだり、先日もアメリカの人気ロックバンドKISSのライブを見に行ったりもして、プライベートも凄く充実しています。

働き方に関しても、私は朝から夕方までの日勤で働いていますが、残業もないですし、凄く働きやすいですね。仕事が終わった後も家に帰って読書をしたり、暇があれば地図などを見て、業務の役に立つための勉強もしたりしています。

ここは美味しい!激ウマなランチ店・おすすめのお店を教えてください。

店名:東亜食堂
メニュー:チャーハン、水餃子、日替わりランチ

チャーハンはボリューム満点ですし、水餃子も中の餡がしっかり詰まって食べ応えがあります。
日替わりランチ(850円税込)は、お腹が空いている時にはおすすめですね。

これからタクシー業界を目指す方々へのメッセージ

タクシードライバーは自分の思い通りに仕事ができますから、ある程度自由ですし非常に働きやすい環境だと思います。
また、お客様とのコミュニケーションも多いので、人と話すことが好きな方にはぴったりの職だと思いますよ。

タクシードライバーは何歳からでも大歓迎ですし、私自身も年齢がかなり過ぎた頃からの転職だったので最初は不安でいっぱいでしたが、そんな不安はきっとすぐなくなるはずほど人や環境には恵まれている職場です。

これからタクシー業界を目指す一人でも多くの方にタクシードライバーの良さを知っていただけたら私は嬉しいです。