英語スキルも生かして活躍!大阪、京都、神戸に来られる観光客に人気のサービスをご提供!

近年、インバウンド戦略を背景にビジネスや観光で海外から多くの外国人が大阪、京都、神戸に訪れ、 それにともない外国人のタクシー利用率も増加しています。 当社においても、外国人観光客に向けた新しいサービスが求められています。 スムーズで快適なタクシー利用を目指し、大阪では「インターナショナルビジターズタクシー」が、 京都では「フォーリンフレンドリータクシー」が誕生し、専用の乗り場も設置されました。 このサービスは非常に人気で専用乗り場には外国人の列が絶えません。 フォーリンフレンドリータクシーのドライバー職は、語学力を活かせるため転職先としても注目を集めています。

京都で人気のフォーリンフレンドリータクシーとは?

日本での外国人のタクシー利用率は年々増加傾向にあります。ビジネスや観光での訪日客が増えたことを受け、タクシーのサービスもそれに対応する必要性が出てきました。京都では、海外からの訪日客をおもてなしするために国土交通省、京都市、タクシー業界が連携し外国人優先の「フォーリンフレンドリータクシー」が開始されました。フォーリンフレンドリータクシーの大きな特徴としてはタクシー乗務員が外国語に対応できることです。言葉が通じるということは意思の疎通がはかれるということで、日本語がわからない、喋れない外国人の方でも安心して利用することができます。

その他にも現金だけではなく、各種クレジットカードや様々な交通系ICカードで支払いが可能です。日本円に両替する必要や、日本円での計算が必要ないので利用がしやすいです。フォーリンフレンドリータクシーを利用しても追加料金などはなく、タクシー料金は初乗り、加算料金ともに通常のタクシーと同じです。リーズナブルな料金でありながら、手厚いサービスを受けられるため訪日客に大変喜ばれています。さらに、スーツケースなどの大きな荷物を積むことが可能なため、荷物の多い外国人旅行者にも便利で好評です。フォーリンフレンドリータクシーの乗務員は、外国語研修などを受け認定された認定者のみが業務につきます。フォーリンフレンドリータクシーの乗務員には語学力以外にもドライビングスキルや接客力、観光地の知識など多くのものが要求されます。
 (57)

自分のスキルを活かして転職!前職より給料がUP!

東京・日本交通株式会社の難波営業所でタクシー乗務員として活躍するEさんは、若手エースの一人です。未経験で入社後、才能を発揮しハイグレード乗務員としての人気も高く予約が殺到しています。Eさんは携帯ショップに就職後、英語を話せるようになりたいと思い語学留学のため退職しました。帰国し英語を活用できる観光業界で求職しますが、正規雇用の募集が少ないという状況でした。難波営業所の求人が目に止まり、正社員雇用ということもあって応募し就職が決定しました。

Eさんは自分のスキルを活かせる観光タクシーの乗務員を目標として目指しています。そのためにもまずは、サービスの心得や言葉遣いなどを習得すべく、ハイグレード乗務員になるための特別研修を受けました。研修後に予約の仕事を請け始めると収入がUPしていき、前職よりも収入が増えました。VIPのお客様の対応になるためミスが許されないプレッシャーの大きな仕事ですが、収入にも反映されるので、その分やりがいも大きいです。現在は観光タクシーの乗務員として更なるスキルアップを目指して、英語が話せるという語学力だけではなく、観光地の知識も身に付けたいと勉強中です。

やりがいがあるから一生涯続けられる!

東京・日本交通株式会社の神戸営業所で、未経験ながら「グランドコンシェルジュ」の業務についているMさんは、夢を叶えるための転職先としてタクシー乗務員を選びました。もともとサービス業に長年携わってきましたが、年々現場での仕事が減りお客様を接客する機会がほとんどなくなってしまいました。人と関わる仕事が好きだったMさんは、もっとお客様との距離が近い仕事がしたいと転職を決意します。グランドコンシェルジュは上質なサービスを提供するタクシーであり、ドアの開け方やブレーキの踏み方の一つにも細やかな心配りが必要となります。ハイグレードなサービスを提供することが前提としてあるので緊張感は高いのですが、Mさんが希望しているお客様との距離が近い接客が可能になりました。

Mさんは退職後も個人タクシーとしてタクシー業を続けていきたいと希望しています。個人タクシーを始めるためには「タクシーまたはハイヤーに10年乗務する」ことが条件としてあります。退職後に個人タクシーを始めるという夢のためにも、お客様から指名されるようなタクシー乗務員を目指して頑張っています。
 (58)

東京・日本交通の乗務員なら英語力を活かせる!

もともと英語が好きだったNさんは、語学力の活かせる仕事を希望していました。加えてドライブやツーリングの趣味を持っていたため、スキルや好きなことを活かせる場としてタクシー乗務員は最適でした。Nさんは父親の仕事の関係で幼い頃は海外旅行にでかけたり、学生時代にはワーキングホリデーに参加したりという機会があり、英語に接することが多かったそうです。京都の営業所で勤務しているため、海外からのタクシー利用者が多く1乗務に4回ぐらいは外国人が乗車します。英語のスキルを十分に発揮できる上に、お客様にタクシーでの時間を快適に過ごしてもらえることが励みになります。

また、他の職業は残業や休日出勤も多いことがありますが、タクシーの勤務体系は様々あり、無理なく働くことができるのもメリットです。京都営業所では、2日出勤して1日休む「2車3人制」という働き方を取り入れています。2車3人制は、最大8連休の取得が可能な事やシフトも複数の時間帯から選べるなど、仕事とプライベートの切り替えをきちんとできるとして社員からも好評です。京都営業所のNさんは休みの日には趣味のゲームを楽しんだり、水泳で身体を動かしたりしています。運転が好きで苦にならないので休日も家族のために車を運転したり、友人と出かけた時にも運転手役を買って出ているそうです。
また、難波営業所、神戸営業所で取り入れているのが、2日に1回出勤する「隔日勤務」です。隔日勤務はタクシー乗務員の勤務体系でもっとも多く、自分の時間が長く確保出来るため人気の勤務体系です。これらの勤務体系により、タクシー乗務員という職業は、家族や友人との時間もきちんと持てるという長所も持っています。

転職先にタクシー会社がオススメな人とは?

タクシーの需要は都市部や観光地で特に高く、稼働率も非常に高いです。タクシー会社に転職が向いている人は、まず運転に関心がある人です。運転が好きではなくても、苦にならないのであれば適正は高いです。次に人と関わることが好きだったり、接客業が向いている人もタクシー乗務員に適しています。タクシー業務は運転技術と共にサービスが重要なので細かい気配りも必要です。タクシーを利用する人は、高齢者から小さなお子様まで様々ですので、乗客に合わせたこころ配りやサービスが提供できる人が求められます。

お客様との会話もタクシー乗務員の大切な仕事なので、話術スキルの高い乗務員は人気があります。車内の雰囲気をよくするために、さりげない会話などができることも大切ですが、お客様の中には世間話が好きな方もいますので、それぞれのお客様に合わせた接客ができる人が良いです。お客様が乗車している時間以外は車内に一人のため、一人の時間を上手に過ごすことができる人もタクシーに向いています。また乗車するお客様の中にはマナーの悪い方や酔っ払っている方もいます。そのため、少しのことで怒ってしまうような気が短い性格の人はタクシーには不向きです。なにごとにも臨機応変に対応でき、ストレスに強い人が良いです。

タクシーは語学力などのスキルを活かせる!

タクシーは、以前のように乗客をただ送迎するだけではなくなってきました。タクシーを利用する乗客にスムーズで快適な時間を提供することが求められています。海外からの訪日客のタクシー利用率が高いため、乗務員の語学力が必要になっています。そのため英語が話せるなどのスキルを活かせる就職先・転職先として東京・日本交通のタクシー乗務員がオススメです。