タクシー乗務員として働くなら東京・日本交通がおすすめ!

「タクシードライバーに転職したいけどタクシー会社の種類が多すぎてどれにすればいいかわからない」など、「タクシー業界に興味はあるけど、どういう業務をするかイマイチわかっていない…」という方向けに、タクシードライバーの仕事内容と会社選びに迷っている方向けに、東京・日本交通グループの魅力をご紹介していきます。

タクシー乗務員ってどんな仕事?

タクシードライバーの仕事内容は、タクシーに乗っていただいたお客様を目的地まで安全に送り届けることです。タクシードライバーは全国で約41万人ほどおり、近年就職先としても注目が高まっている業界です。

それでも、「タクシー業界に興味はあるけどタクシードライバーは給料が歩合だからやっていけるか不安…」

「資格を取ったり、研修をこなしたりと大変そう…」
「地理に自信がないし、そもそも中途で採用されるのかな…」

などたくさんの不安要素もあることでしょう。実際にタクシー業界に興味はあるけど未経験だから…という理由で諦めてしまう人もいるかもしれません。

今回はそんな疑問や不安を解消していくため東京・日本交通株式会社の魅力について以下でさらに詳しく解説していきます。

就職前に考えたいタクシー乗務員のメリット・デメリット

当然のことながら、どんな仕事にもメリットがあればデメリットも存在します。そこを把握せずに、イメージだけで仕事を選んでしまうと、働き始めてから後悔することにもなりかねません。先ほども述べた通り、タクシードライバーは、転職先として人気の仕事の一つです。その理由は、「年を取ってからでも仕事に就きやすい」「車の運転ができれば大丈夫」など多くのメリットがあるからです。そこで、就職を検討している方の参考になるように、タクシードライバーという職業のメリットとデメリットについまとめてみました。

タクシー乗務員になるメリット

・仕事に対する自由度の高さ

一般のサラリーマンと比較すると、タクシードライバーは圧倒的に自由です。最初と最後に営業所に立ち寄る必要があるものの、それ以外は自分のペースで無理なく仕事が行えます。疲れがたまっている時や体調があまり優れてないと感じるときは多めに休憩が取れますし、上司にとやかく言われることも基本的にはありません。現代社会ではストレスを抱えるサラリーマンが増加していますが、その原因の多くが仕事上の人間関係です。その点、タクシードライバーはそうした煩わしさとはとは無縁です。干渉されることなく、のびのびと仕事に取り組むことが出来ます。コミュニケーションを密接にとり人間関係を構築することが苦手だと感じる人にはうってつけの仕事といえます。また、給与の方は、基本給に歩合制がプラスされる形態を多くの会社が採用しています。そのため、それなりの給与で満足するか、頑張って大きく稼ぐかを自由に選べます。


・休日が多いからプライベートが充実!

タクシーの仕事は残業が多そうなイメージがありますが、実際は逆です。昔は、超過勤務が問題になったこともありました。しかし、国がそれに対して厳しいペナルティを課したため、現在では基本的に残業ができないような仕組みになっています。

また、タクシー乗務員には、昼勤や夜勤といったシフトもあるものの、メインは丸1日働いて、次の日が休日になる隔日勤務です。東京・日本交通株式会社も隔日勤務です。東京・日本交通株式会社や隔日勤務の詳細は順を追って説明していきます。

大変そうに見えますが、仮眠時間がありますし、働いている内に体も慣れてきます。何より、詰めて働く分、1ヵ月の半分から3分の2が休日になるのは大きな魅力です。

サラリーマンのように、残業が当たり前で毎日夜遅く帰って家に着いたら寝るだけといった生活に比べると、遥かにプライベートの時間を確保できます。家族サービスや趣味などのやりたいことに対して余裕をもって取り組めるようになれるのです。

タクシー乗務員になるデメリット

・事故や客とのトラブルのリスク

タクシードライバーのデメリットとして、まず最初に挙げられるのが、交通事故のリスクです。1日中運転を続けていると集中力も低下し、事故を起こす可能性は高くなります。したがって、集中力が切れてきたなと感じたら無理せずこまめに休憩することが重要です。
 
また、会社での人間関係に悩まされる必要がない代わりに、お客とのトラブルのリスクがあります。大抵は丁寧に接していれば問題はありませんが、中には、泥酔している客や高圧的な態度を示す客もいるので注意が必要です。

さらに、ずっと座りっぱなしのために腰を悪くしやすいのもタクシードライバーあるあるです。しかし、これは1時間おきに車を止めて屈伸運動をしたり、腰痛防止のクッションを下に敷いたりすることで、ある程度は防ぐことが出来ます。こまめな休憩を取り、ストレッチしたりして様々なリスクを減らすことを心がけることが大切です。

会社選びが重要

タクシー乗務員という職業のメリットとデメリットを述べてきましたが、それらはあくまでも一般論です。当然、会社によって、職場の環境やドライバーに対する待遇は異なります。そこで、タクシー会社を選ぶ際の注意点を挙げておきます。

まず、事故補償のない会社を選ぶことは強く反対します。万が一、人身事故を起こした時に、全額個人で賠償などとなったら大変です。

会社の制度はよく調べた上で、事故補償や違反金の立て替えがあるところを選びましょう。

また、稼ぐためには、マイナーな会社よりも世間で有名なタクシー会社の方が有利です。それだけ客が自分の車を選んでくれる確率が高くなるからです。

後は、足切りといって、1日の売上ノルマを達成できないと歩合の比率が下がる会社があります。これは、生活に余裕のない人にとってはかなりのプレシャーになります。このような給与形態が嫌な場合は、足切りのない会社もあります。

就職してから後悔しないためにも、会社の評判やドライバーに対する待遇についてはよく調べ、自分に合ったところを選ぶことが大切です。

今から紹介する東京・日本交通株式会社はこれらの不安材料を取り除き、大変働きやすい職場となっています。
では、東京・日本交通株式会社がどのような会社なのか見ていきましょう。

東京・日本交通株式会社はどんな会社?

「東京・日本交通株式会社」は、東京の大手4社の1つ、日本交通のグループ会社です。
日本交通は全国12,500社の企業と契約し、「徳を残そう」という社是に基づいてサービスを展開しています。「日経MJ」サービス業総合調査にて9年連続トップクラスという高い実績を納めています。

また、リーディングカンパニーとして、スマートフォンの配車アプリのリリースや、これまでに無かったサービスや仕組みなど、新しい試みを取り組むタクシー会社です。長年培った経験やノウハウを生かしてタクシー乗務員が働きやすい環境を提供してます。

東京・日本交通株式会社の強みは何といっても充実した研修と手厚い保証です。

どんな職業にも言えることですが、就職、転職後、研修を経てから現場へでることが一般的です。タクシー業界も例に漏れず、タクシー会社が定めた研修を経てお客様を載せての稼働になります。ドライバー未経験の方がタクシー会社へ転職、就職することがほとんどですから、経験が無いからといって心配する必要もありません。

東京・日本交通株式会社では2種免許取得費を全額負担してくれて、さらには給料の最低保証、充実した研修による教育の整備が整っているので、ドライバー未経験の方でも安心して、最速でプロドライバーになることが可能です。


・手厚い給料体系

就職、転職を考えるうえでの多くの方が重要なポイントの一つとして挙げるのが「給料」です。タクシー業界は歩合のイメージが強く、未経験者がタクシー業界に就職する上で大きな不安材料です。東京・日本交通株式会社はこういった不安を解消すべく、乗務開始してから6ヶ月間、月27万円(※タクシー未経験者に限る)の給料を保証します。
保障期間の間は、売上に関係なく最低の給料が保証されるので、歩合というプレッシャーに追われることなくじっくりと仕事に慣れることができます。始めて間もない時期でも安定した収入が得られます。


・激務?休みはあるの?

東京・日本交通株式会社はドライバーの勤務体系として「隔日勤務」を採用しています。


・隔日勤務とは?

隔日勤務の勤務時間は1勤務20時間ほどで、これには3時間程度の休憩が含まれていますが、ほぼ丸一日の勤務となります。出勤して翌日仕事が終わると、その日は「明け番」という休日になります。隔日勤務では、出勤日と仕事が終わったあとの明け番を2回繰り返したあと、丸一日休みになる「公休」を取る勤務パターンが大部分を占めます。


・東京・日本交通株式会社の勤務体系は?

先ほども述べた通り隔日勤務であり、東京・日本交通株式会社の場合は1乗務17時間、月12~13回乗務があります。また明け休みを含まず月6~7日の休暇が与えられており、他業種と比較しても休みが少ないということはなく、有給休暇、慶弔休暇、特別休暇などの休暇制度も充実しており、無理なく働きやすい環境であると言えます。

まとめ

この記事ではタクシー会社に興味があったり、就職を考えている方向けにタクシー乗務員という仕事に関する正しい知識の提供及び東京・日本交通株式会社の紹介をしてきました。
働き方改革と叫ばれる時代においてタクシー乗務員という働き方も新しい時代に合った形として、就職での人気度も年々上昇傾向にあります。
東京・日本交通株式会社は新卒の採用や転職を考える若手社員向けの中途採用をどんどん増やしていますし、働きやすい環境が整っていることも今回の記事でご理解いただけたのではないでしょうか。